Hotel SPGアメックス

ザ・リッツ・カールトン日光 アフタヌーンティー 朝食 レビュー

ザ・リッツ・カールトン日光

栃木県日光市にあるザ・リッツ・カールトン日光に宿泊してきました。ラグジュアリーなホテルに宿泊すると心が豊かになるように感じます。幸いなことに、奥日光の紅葉シーズンに予約を取ることができました。ザ・リッツ・カールトン日光で体験できる非日常をご紹介します。

アクセス

奥日光の紅葉が全盛期を迎えるこの季節、車の渋滞によるストレスを避けるよう万全を期するため、フェアフィールド栃木宇都宮に前泊してからザ・リッツ・カールトン日光へ向かいました。前日は東武浅草駅から東武鉄道で東武宇都宮駅へ移動。JR宇都宮駅でレンタカーを借りてフェアフィールド栃木宇都宮へ宿泊。当日は7:00にフェアフィールド栃木宇都宮をチェックアウトして奥日光を目指します。大変な渋滞が予想されるいろは坂を8:30頃に通過し、スムーズに奥日光に到着。この時点でザ・リッツ・カールトン日光の目の前を通りテンションを高めつつ、チェックインの時間まで奥日光の雄大な自然を巡りました。

マイカー以外の標準的なアクセスはこちら。
JR日光駅または東武日光駅から東武バスで約40分、もしくはタクシーで約30分
東武バス、ザ・リッツカールトン日光駅(25番)で下車

チェックイン

14:30頃に車でザ・リッツ・カールトン日光の玄関に到着し、バレーパーキングとお部屋への荷物の移動をお願いしました。チェックインはザ・リッツ・カールトン日光内の施設、ザ・バーでの手続きです。まずはウェルカムドリンクとしてグラスのシャンパン/オレンジジュース/ノンアルコールビールの中から好きなものを頂きました。シャンパンを頂きながら浴衣を着たホテルスタッフの方から最初のチェックインの説明を受け、チャックアウト時間のリクエストを伝えます。その後お部屋へ移動しながらホテル内の設備のご案内をして頂きました。

お部屋

ザ・リッツ・カールトン日光の予約にはMarriott Bonvoyのリワードポイントを使用。ザ・リッツ・カールトン日光はリワードカテゴリー7にランクし、シーズン制適用前に60,000リワードポイントで予約しました。また、私はMarriott Bonvoyのプラチナエリートの資格を持っているため、お部屋のアップグレードをして頂くことができます。今回は宿泊前日には、スマホのMarriott Bonvoy アプリでお部屋のアップグレードを確認することができました。予約した男体山ビューから中禅寺湖ビューへのアップグレードです。4階のお部屋で、バルコニーから見える中禅寺湖と紅葉の美しさはまさに絶景の一言に尽きます。

部屋のお風呂

館内は浴衣で過ごせます、温泉に行くときなど風呂敷で作られたバッグに着替えなどを入れて。

お風呂は内風呂、露天、サウナ、水風呂があり、石の教会のような雰囲気でした。露天風呂は乳白色のにごり湯でとても気持ちがよかったです。お昼の12:00まで入れたのでゆっくりできました。

部屋の目の前に中禅寺湖。

ベランダの椅子に座って男体山が見れて絶景です。

ウェルカムサービスたち、ドライミカンがすっごく美味しかったです。

 

アフタヌーンティー

チェックインの際にアフタヌーンティーをお願いしてみました。
「1日20組限定ですので、ちょっと確認してきます。」
ドキドキ...

「最後の2つでした、お取りおきしております」きたーーー!
ありがとうございます。

ザ・リッツ・カールトン日光にチェックインする前に、英国大使館別荘記念公園でクリームティーが食べられるということで楽しみに行くととっても人が多くて8組待ちでした。あまりにも待つので急きょ、本日宿泊するザ・リッツ・カールトン日光でアフタヌーンティーをすることにした次第です。本来は事前予約をしたほうがよさそうですね。

ロビーラウンジの窓側に案内され、お庭と中禅寺湖が眺められ素敵な空間です。温かい日には外のテラスでアフタヌーンティーも気持ちよさそうです。

 

最初にアペリティフに冷茶がきました、旨味もあるスッキリした冷茶で口の中がサッパリ。

外の景色を見ていると運ばれてきました!

3段のケーキスタンド!美しい!チョコレートでお皿が紅葉してます。

無花果とプレーンの2種類のスコーンとクロテッドクリーム&いちごジャム

イギリスで何十回もスコーンを食べ、日本でも英国展には必ず行くので、スコーンにはうるさい方です。
日本で食べたスコーンの中で1番美味しいかも。
クロテッドクリームも本物でした、たまに日本はクロテッドクリームとは呼べないクリームを出すところもあります。
二子玉川のフォートナムメイソンでさえです。
ストロベリージャムがものすごくフレッシュでスコーンとクロテッドクリームとストロベリージャムの一体感がイギリスのスコーンと並ぶ、いやそれ以上かも、驚きました。

ケーキスタンドの内容は

 

1段目: 床井柚子園の柚子タルト
バニラパンナコッタ 荒牧りんご園の林檎
抹茶オペラヴァローナチョコレート

2段目: モンブランシュークリームカシス
日光片山酒造 大吟醸酒粕チーズケーキ
焙じ茶クレームブリュレ

3段目: 海老とアボガドのカクテル日光湯葉
栃木県産舞茸とベーコンのキッシュトリュフクリーム
ローストビーフ 里芋 コンソメジュレ
大滝日光スモークサーモンのグリーンサンドイッチ

柚子タルトが衝撃的にフレッシュな柚子を感じすっぱーーーいけど美味しいです。
ほうじ茶クレームブリュレと抹茶オペラは上品で、お茶の使い方が上手い。チーズケーキも何か酸味のあるドライフルーツが入っており一緒に食べた時の融合がちょっと秀逸。
ここのデザート作ってる人何者でしょう。

一緒に飲むお茶は「本日の茶葉セレクション6種類」から選びます。

緑茶が2種、ほうじ茶1種、和紅茶3種でした。
1人1種類のお茶を三煎頂けます。
連れは和紅茶、私は今から焙じてくれるほうじ茶にしました。香りもよく美味しい焙じ茶です、和紅茶も美味しい。いわゆる英国紅茶のミルクティーとは違う日本茶が日光らしい和のアフタヌーンティーにしてくれます、落ち着きます。

ほうじ茶を焙煎してる途中持ってきて香りを楽しませてくれたり、ちょうどお茶がなくなる頃におかわりを聞きに来てくれたりとホスピタリティが本当に素晴らしかったです。

お茶に関しては監修を櫻井焙茶研究所さんがされているそうです。櫻井さんは「八雲茶寮」「HIGASHIYA」のマネージャーをされていた方でずっと気になっていた櫻井焙茶研究所さんにここで出会えるとは、うれしい!
お茶も美味しかったですが、器も素敵なものを使われていて和のアフタヌーンティーの雰囲気が素敵になっています。

栃木県産の食材を使っていて、ここにしかない和のアフタヌーンティーに感動しました。

イギリスはスコーンは間違いなく美味しいのですが、ケーキが日本には劣ることが多いです。日本はケーキは美味しいのですが、スコーンがイギリスに劣ります。
リッツカールトン日光は両方とも最高に美味しいものでした。

景色も最高で幸せな気持ちで、優雅な時間をゆっくり過ごせました。

お会計は30%オフになるマリオットのプラチナ会員なので、お得すぎると思っていたら
「こちらは対象外になっております」
あらー、オフではありませんでした、残念。
朝食とレークハウスのみだそうです。
しかし、割引にならなくてもとっても満足なアフタヌーンティーでした。

朝食

朝食会場は「日本料理 BYザリッツカールトン日光」で頂きました。
前日に時間と和食または洋食を聞かれます。和食と洋食両方同じ場所で食べられるので
私は和食、連れは洋食にしました。

庭が見える席に案内されるとジュースとコーヒーなどの飲み物を聞かれました。
また、和食は「温泉卵」「かつお削り節」「黒千石納豆」を選べるので全てお願いしました。

洋食は卵料理を聞かれます。
「スクランブル」「目玉焼き」「オムレツ」「ポーチドエッグ」「エッグベネディクト」の中から「エッグベネディクト」を選びました。

待っている間に中央に並んでいる、ヨーグルトやコーンフレーク、ミューズリーやプリンもありました。
ドライフルーツなど入っていて美味しかったです。

そうしているとパンとサラダが運ばれてきました。和食にはパンも付きます。サラダの野菜の味が濃くて美味しい。
綺麗に飾られた重箱に色々な料理が沢山です。

綺麗に飾られた重箱に色々な料理が沢山です。洋食はトリュフやローストビーフもあり豪華な朝食です。

和食はお魚も小鉢たちも1つ1つ丁寧で美味しかったです。ローストビーフや鰻など贅沢でした。
温泉卵と納豆の美味しさに感動し、私達の感想は洋食より和食の方が美味しく満足感が高かったです。
和食はご飯もパンもついてるというのも大きいかもしれません。


パンがとっても美味しかった、また一緒についているストロベリージャムが最高に美味しかった、昨日頂いたアフタヌーンティーにもついていたストロベリージャムです。
リッツカールトン用に作られている栃木産のジャムだそうです、さすがイチゴの産地。
今まで食べたストロベリージャムで一番おいしいのでネットで買おうと調べたら「いちごの里めぶきファーム」は障がいをもった方を支援している企業で、リッツカールトンの心意気を感じました。

クロワッサンを食べてお腹がいっぱいになり、残りのパンを持ち帰りたいとお願いしたら素敵な紙袋を頂きました。多くの人が食べきれず持ち帰るのでしょうか、快く対応してくださり嬉しい気持ちに。

帰りの特急列車けごんで持ち帰ったパンを頂きました、アップルパイでとっても美味しかった。クロワッサンと食パンは同じですが、デニッシュは日によって違うようです。
行きの列車には食堂車も車内販売もなかったので駅近くのアイスクリーム屋さんでホットコーヒーを買いました。
列車のお供に食べるには最高のおやつとなり幸せな帰り道となりました。

お会計は1人税サ込み7,458円でしたがマリオットプラチナ会員なので30%オフで5,220円になりました。ホテルは朝食で決まるといっていいほど重要で、リッツカールトン日光の朝食はサービスもお味も雰囲気も最高でした。

 

チェックアウト

私はザ・リッツ・カールトン日光での滞在を十分に楽しみたかったので、プラチナエリート資格によるレイトチェックアウトをリクエストしました。希望は14:00でしたが、奥日光の紅葉のこの季節、次の予約が詰まっているとのことで、13:00までのレイトチェックアウトとなりました。少し早く準備ができたので12:00頃にチェックアウトすると、バレーパーキングの車の準備に15分ほどかかりました。通常のチェックアウト時間と重なってしまいましたので、だいぶ混雑していたようです。

まとめ

ザ・リッツ・カールトン日光での宿泊は最高な体験となりました。お部屋や食事からスタッフの対応までとても心地が良く、充実した時間を過ごすことができまでした。また来年、この美しい紅葉の時期に訪れることができたらいいと思います。チェックアウトに頂いたお守りが心温まりました。

SPGアメックス

Marriott Bonvoyに入会しエリートステータスを取得すると、宿泊時に客室をアップグレードして頂けます。SPGアメックスというクレジットカードは入会するだけで、ゴールドエリートの資格を得ることができます。さらに上級会員資格であるプラチナエリートやチタンエリート、アンバサダーエリートになりますと、お部屋のアップグレードにスイートルームが含まれます。また、ホテルラウンジがある多くのホテルではラウンジのアクセスも可能となるため、軽い食事や休憩には困ることがありません。旅行の体験を圧倒的に昇華してくれるSPGアメックスの発行をご希望の方は下記リンクからどうぞ。

 

-Hotel, SPGアメックス

Copyright© SUMUBLOG , 2021 All Rights Reserved.